食の和音・トップページ > 料理レシピ検索 > 山菜料理レシピ > くず(葛)の三杯酢和え

くず(葛)の三杯酢和え


総カロリー/-kcal(-分)
塩分/-g(-分)
たんぱく質/-g(-分)
いたるところにある多年草です。根茎からのデンプンは葛根湯や葛きりで使用するくず粉の原料になります。
  • 材料 2人分
    • くずの若芽
      適量
    • 酢:しょうゆ:みりん
      1:1:1で作る

料理レシピ

  1. くず(葛)は先端の方の若芽を適当な大きさに切って、お湯を沸かして沸騰したら入れて、爪で押せる位の硬さになったら水にしばらくさらしてください。
  2. 三杯酢を上記の比率で作ってください。
  3. くず(葛)の水気を固く絞って三杯酢と和えてください。
  4. お皿に盛り付けをしてお召し上がりください。
くず

料理・カロリー・塩分ポイント

料理ポイント・・・形や雰囲気はなんとなく食べることが出来そうなのですが、その色合いと茶色の毛がなんとなく料理する気にはならないと言う感じの多年草です。

ご存知、根茎は風邪に効く葛根湯の主剤となり根から取るでんぷんは吉野の葛きりに利用されています。

肝心の味の方ですが、山菜類の中でもより「葉っぱを食べている!」と言う感じがします。


4群点数法計算・・・総カロリー(-分)-kcal(-点)・塩分(-分)-g・たんぱく質(-分)-g
1群 2群 3群 4群 食塩相当(g) たんぱく質(g)
乳・乳製品 魚介 豆・豆製品 緑黄色野菜 淡色野菜 糖質の多い野菜・芋 果物 穀類 砂糖 油脂 その他
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0
食品別熱量計算は「五訂食品成分表」に基づいて行っています。
成分表に記載の無い食材はそれに近い食材で算出しました。1点が80kcalになります。
栄養のバランスから1日あたりのエネルギーは1、2、3群からバランス良く摂るようにして、 総エネルギーの増減は4群で調整するとメニューが作りやすいと思います。
塩は塩分50%カットの商品で、また砂糖はカロリー0の商品を使用しています。
揚げ油の量は揚げる食材の10%吸収と言うことで計算しています。



▲PageTopへ戻る