食の和音・トップページ > 料理レシピ検索 > 山菜料理レシピ > 山うどの天ぷら

山うどの天ぷら

山うどの天ぷら
総カロリー/-kcal(全量分)
塩分/-g(全量分)
たんぱく質/-g(全量分)
山うどの新芽の部分とスライスした茎の部分を天ぷらにしました。
  • 材料 -人分
    • うど
      適量
    • 【山菜のころも・標準量】
    •    薄力粉
      250g
    •    冷水
      350ml

料理レシピ

  1. 山うどは良く洗って、水気をしっかりと切ってください。
  2. 新芽の部分を切り、茎の部分は皮をむいてから薄くスライスしてください。
  3. ころもを作り、高温でサッと揚げてください。
  4. スライスした部分は数枚まとめて揚げてください。
  5. お皿に盛り付けをして、出来上がりです。お召し上がりください。
山うど  山うど

料理・カロリー・塩分ポイント

料理ポイント・・・山うどはもちろん皮をむいて茎の白い部分を食べるのですが、先の方にある新芽の部分は是非天ぷらにしたいところです。あまり揚げすぎずにさっと揚げてそのまま、うどの香りやアク味を味わいます。


4群点数法計算・・・総カロリー(-分)-kcal(-点)・塩分(-分)-g・たんぱく質(-分)-g
1群 2群 3群 4群 食塩相当(g) たんぱく質(g)
乳・乳製品 魚介 豆・豆製品 緑黄色野菜 淡色野菜 糖質の多い野菜・芋 果物 穀類 砂糖 油脂 その他
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0
食品別熱量計算は「五訂食品成分表」に基づいて行っています。
成分表に記載の無い食材はそれに近い食材で算出しました。1点が80kcalになります。
栄養のバランスから1日あたりのエネルギーは1、2、3群からバランス良く摂るようにして、 総エネルギーの増減は4群で調整するとメニューが作りやすいと思います。
塩は塩分50%カットの商品で、また砂糖はカロリー0の商品を使用しています。
揚げ油の量は揚げる食材の10%吸収と言うことで計算しています。



▲PageTopへ戻る