食の和音・トップページ > 料理レシピ検索 > 魚介を使った料理レシピ > 海老とクレソンの炒めもの

海老とクレソンの炒めもの

海老とクレソンの炒めもの
総カロリー/100.6kcal(1人分)
塩分/0.79g(1人分)
たんぱく質/12.68g(1人分)
クチに入れるとクレソンの香りとほろ苦味が広がり、ひとくち噛むと海老のプリッとした食感と風味が楽しめ、 後味に再びクレソンの香りが残ります。
  • 材料 2人分
    • 海老
      170g
    • 【海老の下味】
    •    酒
      小さじ1
    •    こしょう
      少々
    •    片栗粉
      小さじ1
    • しょうが
      5g
    • にんにく
      2g
    • 【A】
    •    塩
      小さじ1/3
    •    砂糖
      小さじ1
    •    酒
      小さじ2
    •    酢
      小さじ1
    •    ごま油
      小さじ1
    • サラダ油
      小さじ1

料理レシピ

  1. 海老は塩と片栗粉(分量外)を適量ふってもみ、水で洗って汚れを落として水気を切ってください。
  2. 海老の背ワタと殻をとりボウルに下味の調味料を一緒に入れよく混ぜ合わせてください。
  3. クレソンは2〜3cmの長さに切ってください。 
  4. 【A】の調味料を混ぜ合わせください。
  5. しょうがとにんにくは細切りにしてください。
  6. フライパンにサラダ油を入れて熱し、海老の両面を焼いて一度取り出してください。
  7. 同じフライパンにしょうが、にんにくを入れて弱火で炒め、香りが立ったら海老を戻し入れ、【A】を2回に分けて入れながら強火で炒めてください。
  8. クレソンを入れてサッと炒めたら出来上がりです。
  9. 器に盛り付けてお召し上がりください。
海老とクレソンの炒めもの
クレソンと海老です。

海老とクレソンの炒めもの

料理・カロリー・塩分ポイント

料理ポイント・・・

海老は塩と片栗粉をふってもみ、汚れを落とします。

クレソンは生でもいただけますので、あまり火を入れないで油と調味料がサッと絡まる程度に炒めてください。

カロリー・塩分ポイント・・・

参考レシピよりも塩の量を少なくしています。クレソンには良い香りがありますので薄味を十分カバーできますね。また仕上げに粗挽きこしょうをふっても良いアクセントになります。

(参考レシピ・おじゃべりクッキング・2011・3月号)


4群点数法計算・・・総カロリー(1人分)100.6kcal(1.33点)・塩分(1人分)0.79g・たんぱく質(1人分)12.68g
1群 2群 3群 4群 食塩相当(g) たんぱく質(g)
乳・乳製品 魚介 豆・豆製品 緑黄色野菜 淡色野菜 糖質の多い野菜・芋 果物 穀類 砂糖 油脂 その他
0 0 0.65 0 0 0.06 0.01 0 0 0 0 0.44 0.17 0.79 12.68
0 0.65 0.07 0.61
食品別熱量計算は「五訂食品成分表」に基づいて行っています。
成分表に記載の無い食材はそれに近い食材で算出しました。1点が80kcalになります。
栄養のバランスから1日あたりのエネルギーは1、2、3群からバランス良く摂るようにして、 総エネルギーの増減は4群で調整するとメニューが作りやすいと思います。
塩は塩分50%カットの商品で、また砂糖はカロリー0の商品を使用しています。
揚げ油の量は揚げる食材の10%吸収と言うことで計算しています。



▲PageTopへ戻る