食の和音・トップページ > 料理レシピ検索 > 鍋ものレシピ > 鶏のから揚げとがんもどきのみぞれ鍋

鶏のから揚げとがんもどきのみぞれ鍋

鶏のから揚げとがんもどきのみぞれ鍋
総カロリー/462.4kcal(1人分)
塩分/2.16g(1人分)
たんぱく質/22.31g(1人分)
鶏のから揚げを鍋に入れるので少ししつこいかと思いきや大根おろしで意外にサッパリとした後味です。まわりがフニャと柔らかくなった鶏のから揚げに昆布だしがしみ込んで新しい美味しさ発見です。
  • 材料 2人分
    • 鶏もも肉
      200g
    •    小麦粉
      小さじ1
    •    片栗粉
      小さじ1
    •    揚げ油
      適量
    • がんもどき
      4個
    • 水菜
      186g(1束)
    • 大根
      300g
    • 【鍋の煮汁】
    •    昆布だし
      カップ4
    •    酒
      大さじ3
    •    しょうゆ
      小さじ2
    •    みりん
      大さじ1

料理レシピ

  1. 鶏もも肉は小麦粉と片栗粉をまぶし油で揚げて鶏のから揚げを作ってください。もちろん市販のから揚げでもよいです。
  2. がんもどきは熱湯を回しかけて余計な油を取ってください。
  3. 水菜は3cmくらいに切り、大根はおろしてください。
  4. 土鍋にカップ4の水と適量の昆布を入れてごく弱火にかけ、沸騰する寸前に昆布を取り出してから一度煮立ててください。
  5. 一度火を止めてから煮汁の他の調味料を入れてください。
  6. 鶏のから揚げとがんもどきを土鍋に入れて2〜3分煮てください。
  7. 水菜を入れてしんなりしたら、大根おろしを入れてサッと煮て出来上がりです。取り分けてお召し上がりください。
鶏のから揚げとがんもどきのみぞれ鍋
鶏のから揚げ、がんもどき、大根、水菜です。

鶏のから揚げとがんもどきのみぞれ鍋
水菜はざく切り、大根はおろしておきます。

鶏のから揚げとがんもどきのみぞれ鍋

鶏のから揚げとがんもどきのみぞれ鍋

鶏のから揚げとがんもどきのみぞれ鍋

料理・カロリー・塩分ポイント

料理ポイント・・・

鶏のから揚げは市販のものでも、残りものでもよいです。今回はこの鍋のために揚げました。市販のもので作るとクイックで簡単な鍋ものになります。

昆布の香りが強くならないように、水からじっくりと煮だして沸騰する前に取り出し、その後沸騰をさせて昆布くささを飛ばすのが美味しい昆布出しのコツです。

カロリー・塩分ポイント・・・

鶏のから揚げ自体にそれなりのカロリーがありますので、鍋全体としてはやや高カロリーです。

参考レシピではしょうゆが大さじ1に対して今回は小さじ2にし、塩を小さじ2/3に入れるようになっていましたが入れませんでした。それでも1人分で2.16gの塩分量になります。減塩した分、昆布出しをしっかり取りましたので味が薄いということはないと思います。

さらに、参考レシピでは柚子胡椒をつけていただくようになっていますが、塩分量がさらに多くなるのでここはカラダとの相談ですね。

(参考レシピ:NHKきょうの料理 2月号)

4群点数法計算・・・総カロリー(1人分)462.4kcal(5.78点)・塩分(1人分)2.16g・たんぱく質(1人分)22.31g
1群 2群 3群 4群 食塩相当(g) たんぱく質(g)
乳・乳製品 魚介 豆・豆製品 緑黄色野菜 淡色野菜 糖質の多い野菜・芋 果物 穀類 砂糖 油脂 その他
0 0 0 2.5 0,9 0,27 0,34 0 0 0,7 0 1,1 0.61 2.16 22.31
0 3.4 0,61 1.77
*食品別熱量計算は「五訂食品成分表」に基づいて行っています。 *成分表に記載の無い食材はそれに近い食材で算出しました。
*1点は80キロカロリーです。 *揚げ油の量は揚げる食材の重さの10パーセントの吸収率で計算しています。



▲PageTopへ戻る