食の和音・トップページ > 旬が美味しい!四季の食 > ゴーヤ(にがうり)・夏が旬の食材


ゴーヤ(にがうり)・夏が旬の食材


ゴーヤ(にがうり)ゴーヤ(にがうり)はきゅうり等と同じウリ科の野菜です。その名前の通り、強い苦味が特徴です。

原産地はインドを中心とした熱帯アジア、またアフリカらしいのですがはっきりしていないそうです。そして中国から沖縄へ伝わってきたと言われています。

ゴーヤ」と呼ぶのは八重山地方(石垣島や西表島など)。沖縄本土では「ゴーヤー」と言います。沖縄では一般的に家庭で食べますが、やはり子どもさんはその苦味からあまり好きではないようです。

今や全国区の夏野菜ですが、そうなったのもごく最近です。そう言われてみると数年前はスーパーでもかなり珍しい野菜でしたよね。

ゴーヤの栄養としては、レモン以上のビタミンCとミネラルを多く含んでいます。

ビタミンCは優れた抗酸化力を持っていて白血球同士がくっつくのを予防して血液さらさらに役立ちます。そして夏バテ予防や食欲増進に効果があります。また果皮に含まれる苦味の素「モモルデシン」や「チャランチン」という成分に血糖値を下げる効果があることがわかってきました。ダイエットに「ゴーヤ茶」と言うのもありますね。

ゴーヤ料理しては、炒め物や和え物が一般的です。沖縄の家庭料理「ゴーヤチャンプルー」は言わすと知れた代表料理です。

ほぼ一年中ありますが、旬は夏です。
(参考サイト:にがうり倶楽部・http://www2u.biglobe.ne.jp/~bird-st/goyaindex.htm)

ゴーヤ(にがうり)」の旬: 6月〜8月

>>> ゴーヤ(にがうり)を使った料理レシピ一覧はこちらから



▲PageTopへ戻る