食の和音・トップページ > 旬が美味しい!四季の食 > たけのこ(筍)・春が旬の食材


たけのこ(筍)・春が旬の食材


たけのこ(筍) たけのこ(筍)は春を感じる食材として旬の時期には是非食べたい食材ですね。

水煮や缶詰、瓶詰めのものはほぼ一年中出回っていますが、掘りたての鮮度や独特の風味、食感を味わうには、短い4月から5月はじめ頃に出回るものがです。

たけのこ(筍)の鮮度の見分け方は、皮はうぶ毛があって黄色か薄緑色のものが良く、穂先も黄色いものが鮮度が良いです。特に穂先が緑色のものや黒いものは太陽にあたって固くなってエグみが出ている可能性があります。全体的にはうぶ毛があって丸くずんぐりしているものが一級品です。

★たけのこ(筍)のカロリー・塩分
  カロリー/310g(中一本)で80Kcal
  塩分/0g

たけのこ(筍)」の旬: 4月〜5月

また、たけのこ(筍)にはいろいろな種類がありますが、春の山菜として「破竹」や「根曲がり竹」があります。これらについはこちらの山菜のページで旬や下ごしらえ、料理レシピなどを詳しくご説明していますので参考にしてください。

特集・山菜を美味しく食べる

たけのこ(筍)の料理ポイント

たけのこ(筍) たけのこ(筍)は掘ってから時間がたつにつれて、エグみが強くなりアクも強くなります。

ですからスーパーなどで購入したらその日のうちに下茹でをしておくようにします。

下茹では、通常米ぬかなどを入れて煮ますが、無い場合はお米の研ぎ汁でも良いですね。いまは専用の米ぬかが一緒に売っていたりしますのでそれを使うと便利です。

たけのこ(筍)を下茹でする時には、たけのこ(筍)が水に全部浸るように大きな鍋とたっぷりの水で煮ます。

穂先を斜めに落として、さらに縦方向に薄く包丁で切れ目を入れてから煮ます。根に近い部分に竹串などをさしてスッーと通るくらいの柔らかさになるまで煮るようにします。

たけのこ(筍) わたしはある程度柔らかくなるくらいで煮るのをやめた方が、たけのこ(筍)独特の味を風味を満喫できると思います。エグみとアクが多少残るようにした方がたけのこ(筍)そのものを味わえますね。

下茹でが終わったら煮汁に浸けたまま冷ましたあと皮を取ります。適当な大きさに切ってから水をはった密封容器に入れて冷蔵庫などで保存します。

たけのこ(筍)は食物繊維やビタミン、そしてカリウムなど栄養が豊富で、特に先の方が豊富で根に近い部分は繊維質が多くなります。

ですから、煮物などは穂先の方を使い、ご飯など食感を楽しみたい料理は根に近い部分を使用すると良いです。

たけのこ(筍)を使ったおススメ料理

たけのこ(筍)料理と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「たけのこご飯」そして「煮物」などですね。もちろん美味しい料理ですが、旬のたけのこ(筍)はダイレクトにその風味と食感を味わいたいところです。

たけのこの菜の花味噌焼き そこでおススメなのが「たけのこの菜の花味噌焼き」です。

本当にダイレクトにたけのこ(筍)の風味と食感を味わうことが出来る料理です。焼いたたけのこ(筍)は水煮で売っているものでは味わえない旬限定の味わいがあります。

たけのこの菜の花味噌焼き・レシピ

たけのこの混ぜご飯 そしてもうひと品は、たけのこご飯ではありますが炊きこみではなくて「たけのこの混ぜご飯」です。

普通のたけのこご飯とはまた一味違う美味しさがあります。

たけのこの混ぜご飯・レシピ

>>> たけのこ(筍)を使った料理レシピ一覧はこちらから



▲PageTopへ戻る