食の和音・トップページ > 旬が美味しい!四季の食 > トマト・夏が旬の食材


トマト・夏が旬の食材


トマトです!トマトを切って見ました!

夏の野菜と言えば真っ先に浮かぶのがトマトではないでしょうか。

原種はナス科の雑草で、南米アンデス高原で、メキシコで栽培されたのが始まりと言われています。ほぼ一年中食べることが出来るのですが、やっぱり夏が旬です。

最近ではビタミンCが豊富なだけではなく、リコペンやフラボン、クエン酸が豊富で体にも良いことが知られています。リコペンはがん予防に、フラボンは動脈硬化に、クエン酸は筋肉痛や肩こりの緩和に良いとのことです。

品種的には熟した色で分類して、赤、ピンク、黄色などあります。

一般的に有名な品種は桃太郎。また甘さを追及したフルーツトマト塩トマトなど、いろいろなものが出回っています。昔のトマトはピンク系のものでした。それは甘さと酸味が程よくマッチしていた懐かしい味です。

トマトをそのまま食べる時に、塩をかけるか砂糖をかけるか好みの分かれるところですが、私は砂糖が好きです。きっと昔のトマトが酸味が強いことから来ているんだと思います。ハウス栽培のトマトフルーツトマトは甘いですからね。特に太陽にたくさんあたって育ったトマトって太陽の味、と言うか・・・そんな感じがしますよね。

トマトは全体に色むらが無くて皮に艶のあるものが新鮮です。また、重みがあってヘタの部分がしおれていないものを選ぶと良いようです。

「トマト」の旬: 7月〜8月

>>> トマトを使った料理レシピ一覧はこちらから



▲PageTopへ戻る