食の和音・トップページ > 山菜を美味しく食べる!【山菜料理のレシピ】 > はりぎり

はりぎり(ウコギ科・別名・せんの木、ぼうだら)

はりぎり分布:北海道〜九州
育成場所:林
採取時期:春

近年の山菜取りで一番収穫と言うか、その美味しさを発見した喜びがあったのがこの、はりぎりです。

はりぎりは一見すると本当に食べることができんの?って想うような独特の赤茶のはかまをまとっています。はりぎりも全く食べない地方がありますので、そこではいたるところで見るけることが出来ます。タラの芽と同じウコギ科の木で鋭い刺があるのが特徴です。また、若芽自体のヴォリュームがありますので、少量でも満足感のある山菜です。

ウコギ科の木の中でも一番アクが強いので天ぷらが最適ですね。タラの芽やこしあぶらとの大きな違いは、クリーミーな感じがするところです。ぽってりとしていて味噌やごまにも良く合います。

はりぎりの下ごしらえ

はりぎりはかまの部分を取り水でサッと洗います。天ぷらの場合はそのまま使用します。

和え物などの場合は茹でて水にさらします。茹で時間と水にさらす時間はアクが強いので長めにします。

はりぎりの料理レシピ




▲PageTopへ戻る