食の和音・トップページ > 山菜を美味しく食べる!【山菜料理のレシピ】 > ふきのとう(ふき)

ふきのとう(キク科・別名・ヤマブキ、アオブキ、ノブキ、アカブキ)

ふきのとう分布:本州〜九州
生育場所:山野の湿り気のある場所
採取時期:ふきのとう・初春、ふき・春〜初夏

ふきのとうは春の代表的な山菜です。

まだ残雪があってもその間から顔を出す姿は愛らしくもあります。ですから春一番で食べることが多いです。

ふきのとうが出ていないかを見て歩くのが山菜採りのスタートになっています。

ふきのとうは高さ30cmから50cmくらいに成長して綿毛をつけます。その後でお馴染みの大きな丸い葉をもったふきが登場します。


独特な風味と苦味はあまり下処理をしないでそのままダイレクトに味わいたいです。

料理としては天ぷらが一番好きです。あとはふきのとうを刻んで入れたふき味噌などは
万能なお酒のあてになりますね。

またふきは、やはり煮ものが美味しいです。こちらも独特のほろ苦さと食感が美味しいです。

ふきのとう(ふき)の下ごしらえ

ふきのとう葉の部分を取り長いまま茹でます。
茹でた後に皮をむいて少し水に浸します。

ふきのとう(ふき)の料理レシピ




▲PageTopへ戻る