食の和音・トップページ > 山菜を美味しく食べる!【山菜料理のレシピ】 > きよたきしだ

きよたきしだ(オシダ科・別名・アブラコゴミ、イッポンコゴミ、アカコゴミ)

分布:本州〜九州
生育場所:山中、原野、林
採取時期:春

コゴミ(クサソテツ)と良く似ていますが、キヨタキシダは茎に褐色の鱗片がついていて、全体に赤っぽく見えるのが特徴です。またコゴミはまとまって生えていますが、キヨタキシダは1本〜2本という形で生えています。ですから、別名イッポンコゴミとも言われています。

コゴミと同じように少し湿った山中や林などに生えていますが、分布が少し違います。たとえば本州の少し標高の高いところであれば、コゴミが生えている周りを探すと同じように見つけることができます。

アクが少ないので、茹でればいただくことができます。また、ゼンマイなどと同じように乾燥保存をするために茹でて戻すと旨みが増して、さらに干したキヨタキシダを煮ると綺麗な紅紫色になります。

味としてはやはりコゴミに似ていますが、コゴミよりも油気と風味があり、キヨタキシダの方が美味しいという人も多くいます。

きよたきしだの下ごしらえ

サッと茹でるだけで食べることができます。

きよたきしだの料理レシピ




▲PageTopへ戻る