食の和音・トップページ > 山菜を美味しく食べる!【山菜料理のレシピ】 > こしあぶら

こしあぶら(ウコギ科・別名・ゴンゼツノキ、オンナゴンゼツ、アブラッコ)

分布:北海道〜九州
生育場所:林
採取時期:春

こしあぶらは最近人気が高くなっているようで、人によっては王者、タラの芽よりも美味しいと言う人もいます。スーパーなどでもたまにみかけるようになりました。

こしあぶらは、大木で20m位になるそうです。もちろんそんなに高いところの芽は採れませんが、その下の方に手のとどく高さの芽を採ります。一度見つけるとけっこう群生しているので、最初見つけるまでが大変ですが、比較的採るのはやさしいです。地方によっては、こしあぶらをまったく食べないところもありますので、その地域へ行くと採り易い場合があります。

こしあぶらもはかまを取って料理します。天ぷらが美味しいのですが、たらの芽よりも、こくとまろやかな風味があるので、炒め物にしても意外な美味しさがありました。特にバターと良く合います。もちろん、和え物などにしても美味しいです。

こしあぶらの下ごしらえ

こしあぶらはかまの部分と取り水でサッと洗います。

天ぷらや炒め物の場合はそのまま使用します。

和え物などの場合は茹でて水にさらします。茹で時間と水にさらす時間は短めでも大丈夫です。


こしあぶらの料理レシピ




▲PageTopへ戻る