食の和音・トップページ > 山菜を美味しく食べる!【山菜料理のレシピ】 > みやまいらくさ

みやまいらくさ(イラクサ科・別名・アイコ、アエコ、アイタケ、イラグサ)

みやまいらくさ分布:北海道〜九州
生育場所:腐食土の林床など
採取時期:春

茎や葉の裏側に鋭く細かいトゲがあり、チクッとする山菜みやまいらくさです。東北地方ではアイコと呼ばれて親しまれているそうです。

自生地は800mクラスの標高地で、腐食土が堆積したようなところに自生しています。
高さが80cmから1mくらいになるそうです。

下ごしらえは、茹でるだけでアクもクセも少ないので食べることが出来ます。トゲも茹でてしまえば気になりません。そのままかつおぶしと食べるのが美味しいです。

こくのある風味と香りがしますが、すんなり食べることが出来る美味しい山菜です。

みやまいらくさの下ごしらえ

みやまいらくさサッと汚れを洗って茹でて使用します。

みやまいらくさの料理レシピ




▲PageTopへ戻る