食の和音・トップページ > 山菜を美味しく食べる!【山菜料理のレシピ】 > つくし(土筆)

つくし(トクサ科・別名・ツクシンボ、スギナノコ、ツキグサ、ツギマツ)

つくし分類:日本全国
生育場所:田んぼのアゼ、土手、空き地
採取時期:早春

最もポピュラーで春を代表する山菜がつくしではないでしょうか。キャンディーズの歌でも著名ですね。

どこにでも群生しているので御馴染みなんですが、昔は採って食べたことがよくあったように記憶しているのですが、近年久しぶりに食べました。

特別美味しいと言う感じでもないのですが、それでもこの姿を見ると春って言う感じがします。

つくしは丁度花にあたります。そして枯れるとその後にスギナが出てくるのはご存知だと想います。

ですから、つくしには胞子があります。はかまを取ってから洗うと緑色の胞子が大量に出てきます。

これがつくしの独特の苦味になるわけです。ですからあまり必死に取らないで、その苦味も一緒に味わいたいですね。天ぷらなど美味しいのですが、しょうゆベースで煮てご飯に混ぜるつくしご飯がお勧めです。

つくし(土筆)の下ごしらえ

つくしはかまの部分を取り水で良く洗ってください。

緑色の胞子がたくさんでるようでしたら2度くらい洗ってしばらく水にさらします。サッと下茹でをすると食べることができます。

つくし(土筆)の料理レシピ




▲PageTopへ戻る