食の和音・トップページ > 山菜を美味しく食べる!【山菜料理のレシピ】 > やぶれがさ

やぶれがさ(キク科・別名・ヤブレッパ、ウサギノカサ)

やぶれがさ分布:本州〜九州
生育場所:丘陵地の林内
採取時期:春

山地の林床などに自生している多年草のやぶれがさです。

春の若芽は白い綿毛に覆われています。見た感じがまさに傘のようで風情があるので山野草の寄せ植えにも使用されたりします。

下ごしらえはサッと茹でて水に浸してアクをとります。結構クセがありますのでどのくらい水に入れておくがで調整すると良いと想います。

食感は野菜的。丁度ほうれん草に近い感じがしますが、味と香りが強く、若干の苦味がありますのでそれを少し緩和するからしあえなどが美味しいです。

やぶれがさの下ごしらえ

やぶれがさサッと洗って、虫が喰っているような葉は取り除きます。

茹でて水にさらしてから使用します。

やぶれがさの料理レシピ




▲PageTopへ戻る