食の和音・トップページ > 特集・ケーキ作り > ケーキ作りの道具

ケーキ作りの道具

お菓子・ケーキ創りの道具は、もちろん専門的なものもあるのですが、そもそも頻繁に作りませんよね。ですから日々の料理作りの中にケーキ作りの道具上手く取り入れると、実は結構便利なものあるんですね。その意味も含めまして、いろいろなお菓子・ケーキ作りの道具をご紹介いたします。

ケーキ作りには何が必要か?

第一に必要なのが、キッチンスケール計量スプーンそして計量カップです。お菓子・ケーキ作りに最も必要なことは正確な計量です。ですからその為の道具は必需品です。もちろん普通の料理にも使用することが多いので、これは兼用できます。

次は泡だて器です。一般的な手で泡立てるものですべて作ろうとすると、ものすごく疲れますし、手に負担が掛かりますし、第一、効率も悪いので電気式のハンドミキサーも必需品と言えます。大まかな部分ではハンドミキサーで泡立てて、細かいところでは泡だて器で行います。普通の料理でも、ムース状のものを作る時にはハンドミキサーを使う場合がありますが、そんなに長い時間攪拌することは無いので、大体泡だて器を使用します。もちろんハンドミキサーは食材を粉砕するミキサーの代わりにはなりませんので・・・。また泡だて器はマッシャーの代わりとして、じゃがいもやかぼちゃなどをつぶす時にも使えます。

それからボウルです。ボウルはステンレスのものがお菓子・ケーキ作りには最適です。温度を微妙に調節すると言う意味においても、大小いくつか用意したいところです。もちろんガラスのボウルやプラスティックでも良いのですが、普通の料理でもステンレスが一番良いようです。TVの料理番組でガラスのボウルを使うのは、あくまでも中を見せるためと言うお話もあります・・・。

温度と言えば温度計も必要ですね。シロップなど沸点の高いものは200℃計が便利です。もちろん普通の料理にも使用します。例えば、肉や魚の下処理としても霜降りは65℃くらいの温度がベストと言われています。そんな時にも使えますよね。

そして、粉をふるうための、裏ごし粉ふるい。さらに木べらゴムべラ。特にゴムべラの登場は多くあるので、熱に強いシリコン製が良いです。

またボウルについた生地を集めたり、生地の表面をならすためのカード(スクレイパー)も便利です。わたしは普通の料理でもお菓子用のカードを使っています。まな板の上で切った食材を集めたり、取ったりするのに大変便利です。

あとは、スポンジ生地を焼いて冷ますたまのケーキクーラーは必要です。さらに、回転台もあると無いでは特にデコレーションの仕上がりがまったく違ってきます。ですから必要です。
そしてシロップなどをスポンジ生地に塗るための刷毛、パイ生地などを伸ばすための麺棒やのし台などでしょうか。のし台は大理石のものがありますが、これも温度調節の意味で便利です。

さらに、デコレーションをするときに使うパレットナイフも必需品です。デコレーションと言えば、クリームを絞りだすときに使う口金や絞り袋も必要ですが、これらは今は100円ショップでも売っていますので、必要に応じてそろえればよいですね。

と言うことで、実際には普通の料理にも十分使用できる道具がほとんですが、問題は料理の重要な要素のひとつの匂いについてです。魚や肉の匂いがついたお菓子やケーキはちょっと・・・ですね。

わたしは実際にほとんどのものを兼用しています。ただし、この中で木べらやゴムべラ、刷毛などは臭いが付きやすいものなので専用の物を使うようにしています。後のものはよく洗ってお菓子・ケーキ作りに使用しています。

ケーキ作りに必要な専用型!

特にケーキ作りの場合、必ず必要な専用道具として型があります。

基本的なものでまずはスポンジ型。これは丸いスポンジを焼くときに使います。もちろん底板が外れるものが主流です。

そしてシフォン型。中心の円筒が熱の伝わりを早めます。シフォンケーキはこれですね。

さらにトヨ型。雨どいの形をしていて、出来上がりが半円状になります。

その他にも、タルト型、セルクル型、パウンド型、マドレーヌ型、プディング型など。もちろん普通の料理にも使える型はたくさんありますね。

さらに最近は電子レンジを使ってスポンジなどを作るものも多くなってきました。わたしも使用したことはあります。分量と時間さえ注意すればほとんど失敗はないと思います。

ただわたしの感じでは、やっぱり焼いてはいないので同じスポンジでも、焼いた香ばしさや焦げ目など無くて、どちらかと言うと蒸しパンみたいな感じがしました。お好みなんでしょうけれども、やっぱり焼いたものの方が美味しいと思います。


ケーキ作りにあると便利なもの

デコレーションケーキを作ったら冷蔵庫で保存します。そのときに、ほこり対策と乾燥対策、さらにはせっかく作ったデコレーションが崩れてしまうことの防止策としてケーキカバーがあると便利です。
しかしこれは必需品と言うわけではなくて、例えば僕の場合は、100円ショップでケーキ用の箱を買って来てその中に入れて保存しています。さらに乾燥しないようにラップでケーキの箱をぐるりと巻いています。特にケーキ作りの場合、必ず必要な専用道具として型があります。

(参考・引用:ケーキ名人になる本・旭屋出版)


ケーキ作りの基本

ミルクレープ

ケーキ作りの材料・・・ケーキ作りには上白糖やグラニュー糖、卵、生クリームなど様々な材料が必要です。それぞれの材料の特徴をお話しています。

ケーキ作りの道具・・・ケーキ作りのために必要な道具、便利な道具、そして使い方。

スポンジ生地を焼く・・・ ケーキ作りで一番難しい作業がスポンジ生地を焼くことだと思っています。スポンジ生地を焼く基本をご紹介します。

デコレーション・・・ 出来上がったケーキに彩りを添えるのがデコレーション。デコレーションの基本や材料の話しです。

失敗しないための基本・・・ 失敗しないケーキ作りのための、粉の扱い方、卵や生クリームの泡立て方、材料の混ぜ方、などのコツ。

材料の分量一覧・・・上手くケーキを作るには材料を正確に計ることが必要。良く使用する分量を一覧にしました。

ケーキ作りの用語集・・・ ケーキ作りに大切なことはレシピをしっかりと理解することです。その為に必要なケーキ作りの用語をまとめました。

ケーキレシピ・・・プチケーキからデコレーションケーキまで、ケーキのレシピのご紹介。






最新レシピ・おすすめレシピ

鯨の竜田揚げ鯨の竜田揚げ
(2018/04/18)
総カロリー/444kcal(1人分)
塩分/1.35g(1人分)


高野豆腐の豚そぼろあんかけ高野豆腐の豚そぼろあんかけ
(2018/04/18)
総カロリー/188kcal(1人分)
塩分/0.95g(1人分)


エイヒレのから揚げエイヒレのから揚げ
(2018/04/18)
総カロリー/143.2kcal(1人分)
塩分/0.52g(1人分)


わさびの花のいなりずしわさびの花のいなりずし
(2018/04/13)
総カロリー/208kcal(1個分)
塩分/0.65g(1個分)


わさびの花のかっぱ巻きわさびの花のかっぱ巻き
(2018/04/13)
総カロリー/260.8kcal(1本分)
塩分/0.58g(1本分)


わさびの花のしょうゆ漬け・塩漬けわさびの花の将漬け・塩漬け
(2018/04/13)
総カロリー/34.4kcal(しょうゆ漬け全量分)
塩分/1.22g(しょうゆ漬け全量分)


そばいなりそばいなり
(2018/04/13)
総カロリー/114.4kcal(1個分)
塩分/0.8g(1個分)


油揚げの炊いたん油揚げの炊いたん
(2018/04/13)
総カロリー/39.2kcal(1枚分)
塩分/0.24g(1枚分)


そら豆のしょうゆ煮そら豆のしょうゆ煮
(2018/04/05)
総カロリー/142.2kcal(全量分)
塩分/0.79g(全量分)


冬菜(なばな)のえごま味噌和え冬菜(なばな)のえごま味噌和え
(2018/04/05)
総カロリー/139.2kcal(1人分)
塩分/0.18g(1人分)


>>> 過去にアップした料理レシピ・履歴はこちらから

★旬の食材カレンダーからレシピ検索
旬の食材カレンダー(野菜)
旬の食材カレンダー(魚介類)

料理レシピ検索ページはこちら




楽天市場ランキング


about me
管理人・座和 庵(ざわ・あん)
料理愛好人/料理主夫
プロフィールはこちら

管理人ブログ
⇒ 【ささやく食材・食和日記】






▲PageTopへ戻る