食の和音・トップページ > 料理レシピ検索 > おせち料理・正月料理レシピ > あずきがゆ

あずきがゆ

あずきがゆ・正月料理
総カロリー/280kcal(1人分)
塩分/0g(1人分)
たんぱく質/5.95g(1人分)
茹でた小豆と焼いたお餅を入れてお粥を作ります。お好みで砂糖を少し乗せていただきますが甘味が不思議に良く合います。あずきの色が綺麗なお粥です。
  • 材料 4人分
    • ごはん
      300g
    • 小豆(乾燥)
      56g
    • 180g
    • カップ5
    • 砂糖
      適量

料理レシピ

  1. 前日に乾燥あずきを良く洗ってから、ポットに入れて、小豆の量より少し多い熱湯を入れてそのまま一晩置いてください。翌日取り出して水気を切ってから使用します。
  2. 鍋にごはんと水を入れて中火で煮てお粥を作ってください。
  3. 餅はオーブントースターや網の上でこんがりと焼いてください。
  4. お粥が仕上がる少し前に小豆を入れて煮てください。
  5. 椀にお粥を盛り付け、焼いた餅を入れて出来上がりです。お好みで砂糖をかけてお召し上がりください。
あずきがゆ・正月料理
あずきは前の晩にポットに入れます
あずきがゆ・正月料理
熱湯を注ぎ入れます
あずきがゆ・正月料理
翌日はこのように柔らかくなります
あずきがゆ・正月料理
お粥を作ります
あずきがゆ・正月料理
あずきを入れます
あずきがゆ・正月料理
あずきはお粥が仕上がる少し前に入れます
あずきがゆ・正月料理
餅をこんがりと焼いておきます
あずきがゆ・正月料理
このくらいの感じで出来上がりです

あずきがゆ・正月料理

あずきがゆ・正月料理

あずきがゆ・正月料理


まずは王道「マヨ七味」で一杯!
玄界灘に浮かぶ離島”壱峻島”から贈る「極上するめいか」

夏には刺身でも食べられる
通常より1.5倍もの日数をかけて育てる極上の鴨肉!

あなたのキッチンに、料理の歓びを!
目指したのはプロの厨房。強火力でシンプルな家庭用ステンレスガステーブル「Vamo.(バーモ)」誕生!
米沢牛の最大の魅力は?
米沢牛の最大の魅力は脂のうまみ、甘みです。どの部位を買ったらよいか迷ったらまずはこれ。♪




料理・カロリー・塩分ポイント

料理ポイント・・・

1月11日に鏡開きで甘い小豆を食べるのが今は一般的ですね。平安時代の書物に小正月は小豆を食べると言う記述があるようです。

小豆は茹でてあるものを買ってきても良いですし、煮ても良いのですが、わたしはポットを利用してひと晩おいて作りました。ポットに小豆と熱湯を入れてそのままおいておくだけで翌朝には柔らかくなっています。

カロリー・塩分ポイント・・・

味付けは基本的にしていません。お好みで砂糖を少し入れながらいただくととても美味しいです。

4群点数法計算・・・総カロリー(1人分)280kcal(3.5点)・塩分(1人分)0g・たんぱく質(1人分)5.95g
1群 2群 3群 4群 食塩相当(g) たんぱく質(g)
乳・乳製品 魚介 豆・豆製品 緑黄色野菜 淡色野菜 糖質の多い野菜・芋 果物 穀類 砂糖 油脂 その他
0 0 0 0 0.29 0 0 0 0 3.21 0 0 0 0 5.95
0 0.29 0 3.21
食品別熱量計算は「五訂食品成分表」に基づいて行っています。1点が80kcalになります。






最新レシピ・おすすめレシピ

えびチリたまごえびチリたまご

土井善晴さんレシピ「赤いソース」。甘酸っぱくて、ちょっと辛い味付けが海老とたまごと抜群の相性です。このソースはその他にもいろいろな料理使えます。



とり将コロッケとり将コロッケ

料理人・笠原将弘さんの実家のお店の名物だった「とり将コロッケ」です。クリームコロッケに近いけど、ポテトコロッケの良さも残したちょうどいい塩梅のコロッケです。



白菜と鶏団子のとろとろ煮白菜と鶏団子のとろとろ煮

とても柔らかい鶏団子とその旨味をすった白菜と春雨がとろとろと美味しい一品。鶏団子を柔らかくするテクニックとは?脇屋友詞さんのレシピです。



お手軽フレンチトーストお手軽フレンチトースト

材料を深めの耐熱皿に入れて電子レンジでチンするだけのお手軽レシピです。フレンチトースト風という感じもしますが、美味しいので結構ローテーションしてます。



白菜の生姜焼き白菜の生姜焼き

白菜に生姜ダレを漬けてから焼きます。白菜と長ネギだけですが満足感のある一品です。そのままご飯に乗せて、丼ものにしても美味しい一品です。



過去にアップした料理レシピ・履歴

料理レシピ検索ページはこちら



楽天市場ランキング



about me
管理人・座和 庵(ざわ・あん)
料理愛好人
プロフィールはこちら

◆ブログ
⇒ ささやく食材
◆Facebook
⇒ Facebook
◆ツイッター
⇒ twitter


▲PageTopへ戻る