「食べたい、作りたい、食べてもらいたい」実際に作って食べた料理の料理レシピを掲載しているサイトです。

トップページ > 特集・山菜を美味しく食べる > ぎしぎし

ぎしぎし(タデ科・別名・ウマスイバ、ウマスカンポ、ウマスイコ)

ぎしぎし分布:北海道~九州
生育場所:土手、草地、田んぼの畦
採取時期:春


見た目にはまさに草ですし、やや湿ったところに生えていてあまり美味しそうではないぎしぎしです。

良く似た仲間に「スイバ」がありますが、スイバが酸味が強いの対して、ぎしぎしは強くありません。

多少ぬめりがありますが、茹でてしまうとあまり感じません。食べた感じもほとんどクセがなく、ごく普通の植物として食べることが出来ます。

料理としてはやや長めに茹でて、そのままマヨネーズで食べるごく普通に食べることができます。また塩をして、一晩置いた一夜漬けは、ちょっとクセになりそうな感じの独特の美味しさがあります。

ぎしぎしの下ごしらえ

ぎしぎしサッと洗ってから良く茹でて使用します。


ぎしぎしを使った料理レシピ

ぎしぎしの一夜漬け

ぎしぎしの一夜漬け

総カロリー(1人分)―kcal
塩分(1人分)―g
ぎしぎしのマヨネーズ添え

ぎしぎしのマヨネーズ添え

総カロリー(1人分)―kcal
塩分(1人分)―g







おすすめ・特集



最新レシピ・おすすめレシピ

えびチリたまごえびチリたまご

土井善晴さんレシピ「赤いソース」。甘酸っぱくて、ちょっと辛い味付けが海老とたまごと抜群の相性です。このソースはその他にもいろいろな料理使えます。


春菊とタラのごま酢ドレッシングとり将コロッケ

料理人・笠原将弘さんの実家のお店の名物だった「とり将コロッケ」です。クリームコロッケに近いけど、ポテトコロッケの良さも残したちょうどいい塩梅のコロッケです。


白菜と鶏団子のとろとろ煮白菜と鶏団子のとろとろ煮

とても柔らかい鶏団子とその旨味をすった白菜と春雨がとろとろと美味しい一品。鶏団子を柔らかくするテクニックとは?脇屋友詞さんのレシピです。


サンマの甘辛煮お手軽フレンチトースト

材料を深めの耐熱皿に入れて電子レンジでチンするだけのお手軽レシピです。フレンチトースト風という感じもしますが、美味しいので結構ローテーションしてます。


白菜の生姜焼き白菜の生姜焼き

白菜に生姜ダレを漬けてから焼きます。白菜と長ネギだけですが満足感のある一品です。そのままご飯に乗せて、丼ものにしても美味しい一品です。



過去にアップした料理レシピ・履歴

料理レシピ検索ページはこちら


おすすめコンテンツ(PR)


楽天市場ランキング




about me
管理人・座和庵(ざわあん)料理愛好人


⇒ プロフィールはこちら

◆ブログ
⇒ ささやく食材
◆Facebook
⇒ Facebook
◆ツイッター
⇒ twitter


ページのトップへ戻る