食の和音・トップページ > 特集・おせち料理・正月料理 > 祝い肴3種から、おせち料理作りをはじめてみませんか? 

今はおせち料理はお店やネットで注文して購入することがあたり前の時代です。もちろんそれでも良いと思います。でも昔はやっぱり皆ご家庭で作っていたんですね。

伝統にこだわるも良し。いつもの料理と変わらないのも良し。お惣菜を多くいれても良し、全く何もしないもの良し。おせち料理は百人百様、いろいろなスタイルがあって良いと思います。

でもやっぱりある程度の伝統にはこだわりたいです。いろいろな料理がありますが、おせち料理って一番和の心を感じませんか?

ですから、今までおせち料理を作ったことがない方へ、今年は是非作ってみていただきたいのです!

とりあえずは、祝い肴3種だけでも手作りしてみて欲しいのです!

なぜなら、その昔は祝い肴3種とお雑煮があれば、お正月を迎えることができたと言います。ですから、まずは祝い肴3種からチャレンジしてみませんか? そして和の心を感じてみませんか?

ところで、祝い肴3種って?

もともとはこの祝い肴3種お雑煮があればお正月を迎えることが出来るとされていました。ですから、おせち料理のお重には基本的に入っていますし、基本中の基本料理と言えます。

祝い肴3種は関東と関西では違っていて関東は、黒豆、田作り、数の子を組み物として考えます。
おせち料理・黒豆おせち料理・田作りおせち料理・かずのこ

関西は、黒豆の替わりに、たたきごぼうを組み物としています。
おせち料理・たたきごぼうおせち料理・田作りおせち料理・かずのこ

祝い肴3種は、三つ肴とも呼ばれていて、五穀豊穣や子孫繁栄の願いが込められています。また江戸時代においても、これらの食材は比較的安く、農民や庶民でも手に入れることができたと言うことです。

祝い肴3種を作るために必要なもの?

まずは食材。

黒豆・・・これは乾燥している黒豆を買ってきます。産地は丹波の黒豆が名品なんですが、価格が非常に高いです。一般的な黒豆の倍以上はします。このあたりはお財布との相談になりますね。

田作り・・・材料としては「ごまめ」という乾燥した小魚を買ってきます。たぶんパッケージには「田作り」と書いてあると想いますのでそれを買ってくれば良いですね。一袋だいたい50gくらいですが十分な量になります。

かずのこ・・・かずのこはお正月近くなると「塩かずのこ」が出てきますのでそれを購入します。スーパーにならんでいるものの中には「味付けかずのこ」といってそのまま食べることができるものが売られていますので注意してください。

ごぼう・・・これは普通に売っているごぼうで大丈夫です。

その他には、ごまが必要です。これは彩もありますので黒ごまではなくて白ごまを購入します。さらに、しょうゆみりん砂糖なども普段の料理より多く使用しますので準備しておきたいところ。

ちなみに、おせち料理は特にしょうゆと砂糖を多く使用します。ですから健康面から考えると
減塩のしょうゆやノンカロリーの砂糖などを少し高いのですが使用すると減塩、ローカロリーに仕上がります。

そして、作ったものをお正月そしてまで冷蔵保存するためのパックタッパーなども用意します。

祝い肴3種の作り方のポイント

一番時間がかかるのが黒豆です。

一晩煮汁につけて次の日から煮はじめます。とろ火でコトコトと煮込みますので私の場合はだいたい6時間くらい煮ています。圧力鍋などがあるともう少し時間短縮ができますけど。ですから、正月の2〜3日前から作りはじめる必要があります。

その次に時間がかかるのがかずのこです。これは一晩塩抜きをしないといけないので前日では間に合いません。

その他のものは前日でも十分間に間に合います。

また、どの料理も日持ちがしますので、早目に作っておいて冷蔵庫で保存しておくのがコツです。年の瀬はけっこう忙しいですからね。

祝い肴3種の料理レシピ

おせち料理・黒豆黒豆・・・黒々とまめに健康で働けるように
食材としては丹波地方の大粒のものが有名です。またシワを出さないで煮るのが今の主流ですが、江戸時代には程よいしまりと平たい形が特徴の雁食いと言う種類の豆を使用してシワを自然に出すのが一般的でした。 黒豆のレシピ

おせち料理・ごまめごまめ・・・五穀豊穣を祈願
ごまめとはかたくちいわしを生で干したものを言います。五穀豊穣は「五万米」を当てていると言うことです。また、かつて田の肥料にもしたことから「田作り」とも言うそうです。小さいながらもお頭つきでめでたい一品です。 田作りのレシピ

おせち料理・かずのこかずのこ・・・子孫繁栄を祈願
にしんの卵巣の塩漬けです。今は高級品なんですが、昔にしんが大漁の時には、捨ててしまうほどの安価な食材でした。昔は乾燥したかずのこを3日間お米の砥ぎ汁につけて戻して使ったと言います。 かずのこのレシピ

おせち料理・ごぼうごぼう・・・根気がつく、家の土台がしっかりする、と言う縁起物
昔のごぼうは太くそして硬いものが多かったので、叩いて繊維を柔らかくして使用しました。その為たたきごぼうと言うわけです。  たたきごぼうのレシピ



大人気の昆布茶。なぜ人気があるの?
世の中に昆布茶はたくさんありますが、中でも「たべこぶちゃ」は大人気。その秘密は?

ご家庭で美味しい焼肉を食べるには?
あの高級焼肉店「叙々苑」の味を1本からお買い求めいただけます!
あなたのキッチンに、料理の歓びを!
目指したのはプロの厨房。強火力でシンプルな家庭用ステンレスガステーブル「Vamo.(バーモ)」誕生!
割引&楽天スーパーポイントがたまる
お得に買い物ができる楽天のクーポンサイト。割引クーポンが目白押し♪






特集・おせち料理・正月料理

2016年・新年用(2015年・年末)に作ったおせち料理の料理日記・完成写真をアップしました
2016年(2015年・年末)おせち料理作り・日記
2016年(2015年・年末)おせち料理完成写真

■おせち料理、正月料理のいわれ・・・おせち料理って?祝い肴って?柳ばしを使うのはなぜ?おとそのいただき方は?縁起食材って?など、おせち料理やお正月のいろいろな決まりごとをお話します。  続きはこちら

■祝い肴3種から、おせち料理作りをはじめてみませんか?・・・おせち料理を作ったことがないと言う「おせち料理初心者」さんへ。まずは基本の「祝い肴3種」を作るコツをお話ししてます。
続きはこちら

■おせち料理の作り方・コツ・・・おせち料理作りはいつもの料理とは違ってちょっとしたコツが必要です。おせち料理作りのコツとポイントを 準備編、料理編として話しをしています。
おせち料理の作り方・コツ 準備編   おせち料理の作り方・コツ 料理編

■続けて行きたい…新年の「和食文化の習慣」・・・お正月は、決まったものを食べる習慣があります。元旦は「おせち料理」そして「お雑煮」、7日にはお餅を入れた「七草がゆ」、11日には鏡開きで「ぜんざい」や「お汁粉」、そして15日には「あずきがゆ」。時代が変わっても、続けていきたい和食文化の習慣です。  続きはこちら

■おせち料理完成写真・・・2006年〜昨年まで作ったおせち料理の完成写真をアップ
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

■おせち料理作りの記録、メモ・・・過去のおせち料理作りの献立決めから、毎日の料理手順などを詳細に記録しました。おせち料理作りの参考にしてください。
2015年年末 2014年年末 2013年年末 2012年年末 2010年年末
2009年年末 2008年年末 2007年年末 2006年年末 2005年年末

おせち料理・正月料理レシピ

定番のおせち料理から海の幸、山の幸、野菜、卵を中心としたおせち料理、おせち料理のスイーツのレシピ
おせち料理・正月料理レシピ一覧はこちら

黒豆2006かずのこ2006たたきごぼう日の出海老








最新レシピ・おすすめレシピ

野沢菜の時漬け野沢菜の時漬け
(2017/01/17)
総カロリー/91.2kcal(1人分)
塩分/5.55g(1人分)


タコのエスカルゴ風タコのエスカルゴ風
(2017/01/17)
総カロリー/235.2kcal(1人分)
塩分/1.61g(1人分)


たこの黒ごま和えたこの黒ごま和え
(2017/01/17)
総カロリー/112kcal(1人分)
塩分/0.56g(1人分)


最近アップした料理レシピ
レシピ詳細は画像をクリック

おしるこ おしるこ
七草がゆ・昆布あん 七草がゆ・昆布あん
豚肉のおから 豚肉のおから

鮭とひじきの炊き込みご飯 鮭とひじきの炊き込みご飯
秋刀魚の酒鍋 秋刀魚の酒鍋
里芋の煮ころがし 里芋の煮ころがし

里芋と舞茸の炊き込みごはん 里芋と舞茸の炊き込みごはん
豚汁 豚汁
松茸ごはん 松茸ごはん

栗の渋皮煮 栗の渋皮煮
ゴーヤとさきいかの和えもの ゴーヤとさきいかの和えもの
こねり(ゴーヤとなすの炒めもの) こねり(ゴーヤとなすの炒めもの)

★旬の食材カレンダーからレシピ検索
旬の食材カレンダー(野菜)
旬の食材カレンダー(魚介類)

料理レシピ検索ページはこちら



レシピ・アクセス・ランキング

12/16〜2007・01/15のアクセスランキング。
*おせち料理が独占です。

1位 ぶりの照り焼き
2位 きりいかのあめ煮
3位 栗きんとん
4位 昆布巻き(身欠きにしん)
5位 きんかんの甘露煮

楽天市場ランキング


about me
管理人・座和 庵(ざわ・あん)
料理愛好人/料理主夫
プロフィールはこちら

管理人ブログ
⇒ 【ささやく食材・食和日記】






▲PageTopへ戻る